2013年10月31日木曜日

米ヌカ発酵の促進

 温度が、さほど上がらない、匂いは、やや酸味のある穏やかな匂い。発酵が気温も低いのであまり進んでいないか、それに内部の水分が増えているような感じ。
気に入らないから、砂糖水を足して、米ヌカも加えて、よく混ぜてみた。それに昨日、秋のジャズコンサート前に、ヤマダ電機で買ったデジタル温度計を挿して、効果を観察できる様にしてみた。
内部温度が、19℃外部温度が17℃、蓋も出来て、これなら 一目瞭然。

明日は、テニス テニスコートにはバナナが似合う、里山では、秋は柿が似合う。裏の畑の柿 明日もって行って食べよう。
ご近所から貰った下仁田ネギ、そのボリュームと味の沁み込みやすさと触感に感激 我が家でも植えてみようと思い、コメリで買ってきた。

2013年10月29日火曜日

渋柿を焼酎に浸けて食べよう

 今日は、良く家事をするね。そう 思い立ったら吉日、ただ待てないだけ。
コップに入れた焼酎に柿のヘタ側を5秒くらいつけて、スーパーの袋にいれていく。











袋を二重にしてもう一度ワゴムでしっかりとめる。

そのまま4日~10日ぐらい寝かしておく。できあがり。

畑の様子


バジルの周りの赤カブと白カブも 虫に食われながらもま、何とか育っております。時間があると、黒い虫取りをしますが、指の隙間から、コロッと落ちて、行方不明に分からなくなります。
早くしなければならない作業は、間引き 間引かないと、カブが小さいものばかりなり、大きく育ちません。間引きと云う響き、コケシに似ているような気がしてあまり好きではありません。子消し 一緒に育っているカブたちに優劣をつけたくないのです。昨年は、ほとんど間引かず、大小さまざまな株で冬を迎えました。間引き菜として、食せば、それはそれでいいと思います。
今回の大根のように、間引かなくてもいいような種まきを、忘れなければ来年心がけましょう。

今日の夕食 5時から7時過ぎまで、2時間かけてカレーを準備しました。
玉ねぎ3個、ジャガイモ(男爵とシャドークイーン)5個、人参5本(これも間引いていないので小さいもの)野菜は、全部自休自足、焼肉用牛肉、ハウス ジャワカレー:辛口と中辛
玉ねぎは、少し腐りましたが、ほぼ使い切りました。 下ごしらえは完了、仕上げは嫁 
温野菜(人参と長い豆)塩茹で、紫玉ねぎ、までは自家製、頂き物のレタスで、サラダ完成
お米は、地産地消 チキンカツカレーにしました。写真はありません。
今日の夕食は自給率が高かったことを自我自賛しても、家族は、何度も聞いているらしく 聞きたくないと云います。
帰宅後、2時間の家事(立ち仕事)たまにやると、その大変さが分かります。これでも、ご飯は、自動的に炊きあがりましたから。

これから寒い雪の降る冬に向かいます、冬の農作業用のハウスが欲しくなりました。
鶏を飼いたいのですが、これは、家族の猛反対で実現できません。
反対理由は、不衛生になる ことと 毎朝鳴くからご近所迷惑 確かに 山里ではない限りこれは無理な相談かもしれません。

自休自足のランキングに参加しました。よろしければ、ポチッと お願いします。

2013年10月27日日曜日

農的な休日2

昨日混ぜた、落ち葉発酵では、小さすぎる、もっと大きいのを作りたい。

それで見つけたのが、古い錆び錆のドラム缶、まだ原形をとどめているので、1年やつて見ようと塀際に石を積んでその上に設置、昨日の雨上がりでちょうどいい具合の濡れ落ち葉が溜まっているはずが、落ちていない、誰かが先に掃除した模様、それでも、溝などに溜まっている濡れ落ち葉を集めて、詰ながらコメぬかを混ぜていく、今日集めた分だけでは、まだ半分にもならない。Webで詳しく 発酵のこと調べてみよう。



夕方、虫取りと昨日植えた苗に、7mの不織布のトンネル、カブの間引き時期だけど、昨日 チンゲン菜、ホウレン草、今日 下仁田ネギを頂き、間引いても食べきれないので、こちらの食べる都合で延期する。

2013年10月26日土曜日

農的な休日

そら豆の種蒔き
園芸用の土をポットに入れて、袋に書いてああるように 少し出して9個の種を蒔く 今の時期でいい
問題は、畑 こんな虫が、網の中で、白菜とカリフラワーを毎日 毎日 お食事中
人は、遠慮して、虫さんが食べない レタスの下の葉を少しだけ頂く
ピンセットで虫取り ネットがあるので、やりにくい
米ぬか発酵、温度21℃、外気温16℃なので、その差で緩やかに進行中か?
試しに、もうひとつ 近所の精米所に行って米ぬか貰ってきたので、雨にぬれた落ち葉を拾ってきて、米ぬか混ぜてみまた。さてどうなるか水分40%ぐらいか?
畑の虫対策に、木酢液を300倍に薄めて、地上散布 その前に わずかだけ、採集した虫にかけてみた、元気にしてる。効かないかもしれない。

2013年10月23日水曜日

セミナー「発酵堆肥・ぼかし肥

 右下のブログリストの ハンサムガーデン さんのセミナーをネットで見つけて 参加した。

コメぬかと水で、発酵堆肥を作るセミナーに車で、甲賀まで行ってきた。
炭素循環農法の最初の土木工事が出来なくても、循環型農法で自然栽培が出来そうだと思った。
そんな会場は山の中
あいにくの小雨の中 水分量を調整して、コメぬかを混ぜた。まだ理解できたとは云えないが、畑で実践して、結果を見ていくこととしよう。畑が、適切な状態になるまで、最低でも3年はかかると云うこと。作業完了後、ここから移動して お昼は、猪の焼き肉、と 野菜炒め 万願寺トウガラシが生で食べても、おいしい。
そこの山の農園のトマト栽培風景を見せていただいた。トマトは水を与え過ぎないように、ハウス栽培が適切らしい、我が家にも、小さなハウスが欲しい。



今回のイベントのスポンサーは、JT いろんな世界があることに刺激される。

2013年10月22日火曜日

軽井沢便り 届きました。

 行けなかった軽井沢から、彼らが泊まった万平ホテルのジャム届きました。
ホテルの絵葉書には、涙雨と欠席裁判 来年は幹事だそうです。明日明後日とお休みなので、朝食に頂きます、3瓶もあるから、3か月間は、軽井沢気分のブレックファーストだね。
みなさん お心遣い ありがとう。
 

2013年10月19日土曜日

軽井沢 縁がありません

 計画通りならば、今夜は、軽井沢 万平ホテル にて、団欒しながら、夕食を待っている時間。
いつもいつも、機会があれば、軽井沢に行きたいと云っているわりには、今回は自分から予定を壊してしまった、計画してくれた友に申し訳ない、これが軽井沢に縁が薄い証拠なのか。
今朝は、昨夜から雨降り、昨夜 2時間テニスをして、今朝は迂闊にも疲れている、TVを見ていたら、アッと言う間に、もうお昼。今あるラケットの重さを、台所の秤に載せてみた。
  • 昨日借りたお気に入りのラケット ヨネックス:マッスル パワー5HS :298g
  • 前から持っているヨネックス:304g
  • バポラ:ピュア ドライブ :334g
  • ヘッド:アガシ モデル :330g
  • SRIXON :336g
ガット込みのこの重さ、1割軽くすると、だいぶ感触が違う。やはり少し軽めにしないと、腕に負担があるようだ。
しかし今日は、体が重い、ヨネックスのラケットを見に行くのをあきらめ、午後はお昼寝。
タイヤにつかまっていたカマキリ虫、からも、今日はノンビリやね と 話しかけられた。日没までに、近所のおばさんからもらった苗、白菜、レタス、キャベツを植えてしまおう。
 

何とか、植え終わった頃には、もう日没、長袖を着て作業していても、暑くなく 心地よい夕暮れ。

2013年10月14日月曜日

たんじゅん農法 3

 炭素循環農法では、最初に80cm以上掘って、通気性を確保する必要があるらしい。
そのアドバイスをWebで頂いて、連休最終日、再挑戦して一畝掘り直してみた。
深さ80cm以上に掘ること、硬い岩盤に当たって、体力的にも、もうこれ以上 掘れずに、ギブアップ。まだ10-30Cm足りない状態で、終了。
午前中で、諦めてもみ殻を入れて埋め戻し、もう一度 棒を刺すと、はるかに 浅い。炭素循環農法では、農業といえども、最初のこの土木工事が終わらないと、空気が通わず、窒息状態になり、発酵が出来ないらしい。残念ながら、自然農法で、やるしかない。
アンキ芋をおこしたが、つるめくりを怠ったせいか、残念ながら不作 葉っぱは、広がりも良く期待していたが、一般に云われている作業を怠るとダメだった。
午後 シャワー浴びて、大変疲れてぐっすり昼寝、まだ植える準備が整わないので、頂いた苗と100均バジルの植え替え。
100均でも、ちゃんと生えるバジルは愛おしい。
今日使った農具、ショベル:1.7kg、鍬:1.4kg ぐらい。
テニスラケット 300gのバポラが重いので、ヨネックスに替えて280gで振り回していることを思うと、今日の農器具の重さは、5倍以上 使い方は違うが、はるかにハードで、午前中だけで、バーム500mlを2本と、珈琲缶を一本飲みほした。

2013年10月12日土曜日

たんじゅん農法 2

午後3時過ぎておやつを食べてから、いざ出陣、 今日は、2畝作る予定なのだから
こんどは、短いのでスコップ3幅分掘った。
もみ殻と、吹き溜まりの溝に集まっていた落ち葉を入れて、
有機石灰をふりかけて、畝を戻して、完成
今年はゴーヤ&どくだみ茶を作らないので、食べきれない白いゴーヤ 食べるより、栽培することが趣味になりつつあるようだ。
見た目にも大きくて頂き物のカボチャ、肥料をやりすぎだと思うけど、せっかくなのですが 腐ってきたので、畑に捨てた。
こちらは、我が家の畑で、種もまかないけど、今年は豊作のカボチャ、ずつとホッタラカシでも大丈夫。自然農で作るものは、腐らずに、枯れるだけと奇跡のリンゴの木村さんも云っていた。
3連休初日 気持ちいい 一日だった。

炭素循環農法

 3連休の初日、楽しみにしていた、炭素循環農法の土づくりを始める。略して たんじゅん農法 とも云われている。まずは、スコップで 2回掘る。
知人宅から貰ってきた、もみ殻、草刈り後の枯れた草、を入れて、
ゴミとして捨てられる予定の落ち葉も貰ってきて、埋める。
全部埋めると、一列完成。
午前中の作業は、これで終わり、今日は、2列作りたい、しかし、肝心の炭素循環の原料が無いから、拾いに行かなければならない。 お昼寝して、午後から、探してみよう。
午後、チャリンコに乗って、落ち葉探しに行ったけど、風が強くて、暑いから、まだそんなに落ちてないで、と云いそうな奴に出会った。

2013年10月8日火曜日

ジテツウ

明日は、台風の余波なので、ジテツウ禁止、雨を期待して、今日は水やり省略
先週のジテツウの写真、朝は 青い朝顔が可憐に咲いている。

帰り路の時間には、もう咲いていない、だから朝顔
ジテツウしなくなれば、こんなにチャリ乗るだろうか、今の環境に 感謝

2013年10月7日月曜日

種の産地

 今日も、雨降りませんね。日暮れが早くなり、帰ったらすぐに、カンテラを帽子に付けて、種蒔きした畑の水やり。 わずかに発芽の気配。

ところで、空になった種の袋を並べてみた。
ハーブは新聞紙を掛けて、発芽中 それ以外は、畝の順に並べてみる。左から

  1. レタス・サラダミックス:生産地 アメリカ、水菜:ニュージーランド、二十日大根(ラデッシュ):写真なし
  2. チンゲン菜:生産地 デンマーク
  3. 小松菜:写真なし
  4. ホウレン草:生産地 デンマーク
  5. 大根:生産地 ニュージーランド
  6. サラダ菊菜:デンマーク
  7. 聖護院かぶ:イタリア、赤カブ;写真なし、
  8. 早生大蕪:イタリア

  • カモミール:生産地 イタリア、レモンバーム:イタリア
地産地消 と思っても 買ってきた種は、全部 海外からの輸入品なんですね。



2013年10月6日日曜日

ハーブ 種蒔き

まったく、雨降りません。今日は、新しい2種類のハーブを種蒔きしました。
実は、種蒔きはあまり得意ではありません。小生が蒔くと、発芽しないことが、多々あります。発芽しても、発芽率が、20%ととか、原因は、どうも土の掛け過ぎのように思いますが、二ののハーブを苗床に蒔いて、濡れ新聞を掛けておきました。
午後からは、車でクラッシック 展覧会の絵 感動しましたよ。
自然農の中でも、今日四国のTさんのブログから、関連してたどり着いた炭素循環 ブックマークに入れましたが、これはとっても興味深い内容で、実践できればと思います。

2013年10月5日土曜日

小松菜、チンゲン菜 種蒔き

雨降りませんね。昨日は、テニスで水やり出来ませんでした。
今日は、天気予報は傘マーク それまでに、種蒔きしてと計画
まづ、小松菜 の種蒔き、横に ネギを植える。
次は、チンゲン菜 同じく 横にネギを植える。
最後に、ラディツシュ と レタスの種 ばら蒔き
夕方、カブの種蒔き
 

荒神山経由で 彦根まで
 

雨が降らない休日、水やりが 忙しい。

2013年10月3日木曜日

カブ 大根 菊菜 ホウレン草 発芽か?

先週の28日 土曜日に種を蒔いて、雨が降らないので、毎日、水やりを続けています。
2日目に一番早く発芽したのがカブ
一日遅れで、大根が発芽して、嬉しくなりました。
5日目には、菊菜も小さな芽を出しました。大根と菊菜はコンパニオンプランツとして、並行して種をまいています。
春の残りの種を蒔いたホウレン草 運が良ければ そろそろ 発芽の兆し 水やりも 楽しくなります。

2013年10月1日火曜日

大根 カブ 発芽

 毎日、雨が降りません、ゆえに、毎日 夕暮れから日没にかけて水やりに出かけています。 
ビワイチの前日の28日土曜日 3日前に大根とカブの種を蒔きました。
昨日バジルの回りに蒔いたカブが発芽しました。コンパニオンプランツです。

今日大根が1日遅れで、無事発芽、隣のサラダシュンギクはまだ芽が出ません。
毎日、セッせせっせと、水やりをしてよかったです。この小さな二葉がとっても愛おしいです。
それとは別に先週100金で買ってきた、バジルの栽培セット 小屋の中で水やりだけしていたらちゃんと発芽してくれました。植物は偉大ですね。

手術から2週間

病院の方は、何とか落ち着いて、今日から、ショ-トステイから帰って来る時間までに、庭の草刈り  部屋でTVをつけて、残りの草をかたずけ、気になっていた コンクリートパネルを引きずり移動して 一部片付け終わり。雨と 雪がぱらつく 冬の夕暮れ 日没も早い 明日は、大津で...